如何ともしがたい何か

便所の壁に殴り書き

memo

マスコミ論の難しさと複雑さと心細さと

マスコミが不要かどうかそういう議論については、論点の切り分けをしないといけない。 まず、ジャーナリズム論と新聞・テレビ・雑誌それぞれの企業経営の観点からの経営論。これを混同している議論が多い。ジャーナリズム論を語っていたと思うと、新聞社の経…

マスコミ批判には永遠にわかりあえない深い深い谷がある

gendai.ismedia.jp ずいぶんと投げやりな結論でいかがなものかという記事ではあるが、実際に新聞発行部数が激減しているのがよく分かる内容になっている。そこでやめとけばよかったのだろうが、無責任なオチになっているのはウケる。新聞記者OBの書いた記…

あおり運転する馬鹿は永遠にいなくならない

あおり運転による死亡事故が世間を大きく動かしているにもかかわらず、まだあおり運転をやめない連中が多い。逮捕される事案も定期的にニュースになる。 一体あいつらは何者なのだろうか。これだけ世間で問題に取り上げられ、犯人は悪玉としてたたかれている…

交通事故は馬鹿からいかに身を守るかなのだろうか

交通事故は自分が起こすことに気を付けるのはもちろんだが、いかに想像上のことをやらかす馬鹿による事故に巻き込まれないかが大事だと思うことが多い。自分がいかに気を付けていても、馬鹿にひき殺されてしまってはどうしようもない。自分は死んで、馬鹿は…

最近のはてなブログ界隈は勝間がちらちら視界に入ってきて落ち着かない

勘弁してくれ。まわりを不愉快にして平気な人 (青春新書インテリジェンス)作者: 樺旦純出版社/メーカー: 青春出版社発売日: 2015/02/03メディア: 新書この商品を含むブログを見る

ネットの匿名悪玉論は一貫性がない

ネット上で匿名でどうのこうのということについて、本名(と自称している)の人が批判するのをよく見かけるけど、自分に賛同したり取り巻き腰巾着が匿名だと、それについては批判しない。要するに自分に盾突いている人間をたたきたいがために、匿名悪玉論を…

日本の消費者はやっぱり馬鹿だろ、という話

ふんわりとした違和感を覚えずにはいられない日々である。news.yahoo.co.jp ユニクロもそうだったけど、経営者として祭り上げられている表の部分もあればこういった下品な裏も出てくるのは当たり前であり、そもそもちょっと考えれば、安さの裏にはこういった…

短くて分かりやすい文章が求められる社会って危ないと思うよ、という話

長い文章があまり読まれない社会になってきているらしい。文章も分かりやすさが求められているらしい。 そもそも長い文章を読めない人というのは、いつの世もある一定数は存在していたはずなのだが、スマホでいろいろといじって文章に触れる趨勢の中、それこ…

「脱社畜」の人が何か言ってますよ

「脱社畜」の人がなんか言ってますよ。dennou-kurage.hatenablog.com「脱社畜サロン」とかいう名前のオンラインサロンが炎上している。はじめに言っておくと、この炎上している脱社畜サロンとこのブログ(脱社畜ブログ)は何ら関係がない。脱社畜サロンと脱…

「長期キャリア形成のため」とかいう欺瞞

企業が「人が足りない人が足りない」といいながら、例えば「長期キャリア形成のため」などともっともそうなことを書けば、雇用対策法に引っかからないなどという欺瞞がまかり通っている時点で、人材なんて集まらないだろう。これは別に長期キャリアどうのこ…

きたる、「無敵の老人」の時代

自分でも不謹慎だと思うので、書くかどうか迷うところなのだが、書いておくべきだろう。 もう誰もが少子高齢化時代に日本が突入していることは知っている。特に高齢化は様々なかたちで問題が顕在化している。 介護や医療などの保険の話。もらい得の年金。そ…

おっさん作の「新社会人の君たちへ」警報発令中

もうすぐ4月1日。新しい年度が始まる。特に新社会人として新しい世界へと歩き始める学生諸君は、希望と不安が入り組む複雑な心境にあることであろう。 そんな君たちに対して、巷のおっさんたちは現実社会だけでなくネットでもお説教を始めるのだ。だいたい…

過激なことでしか勝負できないバカと普通なことでも勝負できる人の違い

なんか渋谷で自称ユーチューバー(笑)が数人、撮影をしていたらわいせつな行為だとして警察に捕まったとかなんとか。白い粉を落として警官をからかったバカが逮捕された事件の時もそうだったが、そもそも才能の無いやつが注目されようと努力すると過激なこ…

子は親の背を見て育つからちゃんとした背中を見せろよな、という話

まったく予定は無いが、もし自分に子どもができたらどういう教育をしていけばいいのかとぼんやりと考える時がある。 まあまあ子どもどころか結婚ですらまったくめどがつかない状況で何を妄言を吐いているのかと。というのも、同年代は普通に結婚しているし普…

情報の過食状態から抜け出すべきだと思う

ネットを活用することでさまざまな情報を入手できることで、自分の知性を高めることができるという理想が、インターネットの出始めのころはよく言われていた。しかし、現実としてネットを通してわれわれの前には、あふれるようにクソのようなコンテンツしか…

いちいちネット上で「ご冥福をお祈り」するのもどうかと思う

俳優の大杉漣が急逝したというニュースは、正直とても驚いた。まだまだいぶし銀のバイプレイヤーとして活躍できる年齢であるにも関わらず、しかも撮影期間中に死すとは。残念でしかたない。 そして、ネットのみなさんはこぞって大杉漣との思い出を独り語りし…

9月11日といえばチリ・クーデターの日

www.youtube.com 世界で始めて自由選挙によって選出された社会主義政権において、大統領の座についたサルバドール・アジェンデ。米CIAの支援もあったとされる軍のクーデターが発生し、反乱軍に大統領府を包囲された中で、ラジオを通して最後の演説をおこなっ…

馬鹿が得するクソ社会

世の中というのは、馬鹿の基準に合わせざるをえないようなクソ法則がある。そもそも馬鹿というのは自分の馬鹿を棚に上げて、人間がせっかく持っている知性的な部分を一切使わず、暴力的に我欲を通そうとする。逆に知性的な部分をきちんと生かしている人はそ…

ユーチューバー(笑)逮捕(笑)

www3.nhk.or.jp 馬鹿だねぇ。 アクセス目当てでこうやってどんどんエスカレートしていくのは、インターネットの世界では茶飯事なわけだけど、ホントに馬鹿だねぇ。能力がない奴に限ってこういう触法行為をするわけだ。調子に乗ってる馬鹿はどんどん逮捕すれ…

そういう性癖なの?

なんかこういう言い訳しても誰も信用してくれないあたり、普段の行いって大事だよねーって思う。www3.nhk.or.jp 子育て世代とか子育て中の母親を出汁にしてさんざん政府与党を叩いていたけど、一方で子育て中の母親が四苦八苦している時に、所帯持ちの男とす…

馬鹿なユーチューバー(笑)どもはさっさと淘汰されてほしい

なにかユーチューバー(笑)とやらがまた問題を起こしているらしい。いちいち紹介するのも反吐が出るのでリンク等々は張らないでおく。 前にも書いたことだが、壊滅的なまでに才能は無いクセに注目だけは浴びたい、そしてお金が欲しいというようなクズが、こ…

自称ユーチューバーとかいう馬鹿がそのうちやらかす

Youtuberなる単語ができはじめてずいぶん経つけど、アクセス目当てに危険なことをやり始める馬鹿が出始めているあたり、ニコニコ生放送で視聴者を稼ぎたいあまりに触法行為などに手を出す馬鹿が頻出した歴史をなぞるようで興味深い。そのうち逮捕者や大事故…

表現力の貧しい人が多くて残念だよな、という話

世の中には、他の人にない貴重な体験をしているというのに、持っている表現力が低すぎてこちらにそれが全く伝わってこないという、残念な人が多い。SNSだとかなんだが浸透して、誰もが文字を書くようになっただけに、表現力の貧しい人間の多さが際だつ。 …

1カ月以上放置

直滑降的な勢いでブログを書くのを飽きたため。 よく考えてみると別段毎日こういうエントリーを書きたくなるようなことがあるわけでもない。非常につまらない生活をしているのであって、ネタなんてないわけだ。自分でもつまらないような生活から、他人様に読…

ネット上に輝いていた光は蜃気楼だった、という話

某外国の偉い人がネットの偽ニュースに釣られるとか、国内では大手がこぞって運営していたパクリサイトが炎上して軒並み撤退とか、ネット界隈が騒がしい年末である。これからのネット界隈を考える上で、ネット上に出回る情報の真偽そのものに関する議論が出…

当たり前が破綻しつつある日本のシステム

佐川急便の仕事がひどいとか遅配が過ぎるとか、ドミノピザが予約客に対してとんでもない遅延をして騒ぎになったとか、年末の忙しい時だというのに話題に事欠かない。佐川急便といいドミノピザといい、「できる限度」を超えてサービスを拡大した結果で、客は…

先進国を脱落する日本で生き残るために

主に経済的な面から考えて、日本は近い将来、いわゆる「先進国」ではなくなる。今の開発途上国と同じような経済と社会にレベルが下がっていくのは明らかだろう。 「少子高齢化」が激烈な形で社会を襲うというのが大きいが、そもそも非合理的な日本的な慣習が…

特記案件なし - そろそろ悪口はやめた方がいいけれど

特記案件なし。 最近のこのブログの記事を読み返してみたら、なんか悪口と愚痴しか書いていないんだがそろそろそういうのはやめた方がいいのかなと思った。そもそも悪口なんて書き手の貧しさをおおっぴらにするようなものだし、読んでる人もいい気分はしない…

貧乏人は身の程をわきまえないと痛い目にあう

素晴らしいツイートを発見。貧乏人相手の商売は大変なんだよ。使う金は少ないくせに”お客様気分”だから。金持ち相手の仕事はいいぜ?金払いはいい上に、こっちのことまで気遣ってくれる。清貧なんて嘘っぱちだね。商売やると分かる— パートタイム防人(蛙㌠…

純粋だったインターネットを取り戻せ

インターネットってこんなだったっけ? パクリだけでできあがったキュレーション(笑)サイトの林立は、Google検索の品質すらも落としてしまったということが分かってきた。悪質サイトの数々がSEOと称してゴミを検索結果に流すようになったためだ。実に残念…