読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如何ともしがたい何か

便所の壁に殴り書き

あえて紙に書くのもオツなものかと

 スラッシュドットタブレット端末上で読書、気が散ってしまう材料が多く集中力散漫になる

 自分はタブレット端末は使っていないのだが、PCで同じようなことに直面している。
 仕事やプライベートを問わず、調べものをしたり文章を書いたりしていると、だいたい気が付いたら関係ないサイトをだらだらと見ていることが少なくない。正面でいじっている機械でいろいろと楽しいことができてしまうので、そちらへと気が逸れてしまうというありがちな感じなことではある。これはスマートホンなどでもそうなのだが、ちょっとメモを残そうとスマホを手にしたまま、なんだかんだとずっといじっていたりする。
 「楽しい時間である」と割り切ってしまえばそれはそれでいいのだが、いかんせんその時間は無駄である場合がほぼ100%。そもそも仕事中だったりするならば、それは本来の仕事の進捗にもかかわる。
 というわけで、自分の場合、あえてPCを使わない環境に自分を置くように心がけている。PCを使った作業は最後の最後に持ってきているのだ。もちろん、PCでしかできない作業は別だが。
 たとえば文章を書く場合、これはPCでなくてもいい場合が多い。自分の場合、どうしてもキーボードを使いたい時はキングジムの「ポメラ」を使っている。このポメラは本当にテキストファイルを作ることしかできない。執筆に特化したツールであり、関係のないネット放浪のようなネット回線ありきの作業逸脱はない。
 また、あえて紙のノートに手書きということもある。思いついたままのメモをノートに書きつけて、ある程度まとめてそれを打ち込む。これも、考えている間にブラウザを立ち上げてそっちへ逃げるということもない。実はこのエントリも、ラフな下書きをノートに書いた上で執筆している。
 結果的に効率は悪いように見える。実際に悪い側面も否めないわけだが、1つ1つの作業に集中できる側面も大きく、こらえ性がなく集中力散漫な自分には割と効果的なやり方であったりする。
 1つのツールにいろいろな機能が実装されてしまうと、その豊富な機能にわれわれユーザーが引っ張られてしまうことが多い。文章を書くつもりが、気が付くとネット海を漂流し、音楽を聴き、フェイスブックやツイッターのタイムラインをぼんやりと眺めてしまう。ゲームもやってしまったり、むふふな画像収集をしてしまったりと際限がない。
 便利なツールが揃うのも有難い話ではあるのだが、そのツールの便利さに溺れてしまうのもいささかアレな話なので自分なりのうまいやり方を追求していきたいなと。

KOKUYO ノ-3BN10 キャンパスノート6号(セミB5)B罫30枚10冊組

KOKUYO ノ-3BN10 キャンパスノート6号(セミB5)B罫30枚10冊組