如何ともしがたい何か

便所の壁に殴り書き

テレビ番組を見て記事を書かれても

 ネットに公開されている素材を勝手に使って小銭を稼いでいる自称〝ニュースサイト〟やまとめブログの多さには辟易するのだが、最近気がついたのはれっきとした紙メディアであるところのスポーツ新聞や夕刊紙が、テレビを見てその番組内容を基に記事にしているケースが目立つということだ。

 テレビ番組で芸能人らが何とコメントしたかということ〝だけ〟を書いてニュースに仕立て上げるのはJ-CASTあたりのお家芸と思っていたが、最近はスポーツ新聞も堂々とそれをやっていて、ヤフートニュースなどポータルのトピックスに上げられている。

 確かに政府要人や国会議員NHK日曜討論」などといった番組での発言を記事にすることがある。しかし、スポーツ新聞で多いのは芸能人がバラエティや情報番組で発言した内容。大物カップル誕生のような大ニュースでもなく、ちょっと変わった発言をした程度。それはいちいち記事にしなくていいのではとも思う。

 きちんと自分の足で取材をして記事にするというジャーナリズムはもう時代遅れなのだろうか。

他人のふんどし (1976年)

他人のふんどし (1976年)