如何ともしがたい何か

便所の壁に殴り書き

ブログのデザインって性格でるよね

 そんなに広告バナー張ってどうするの、とか。

 いろいろブログに組み込んで注目を引いて、たくさんの記事を読んでもらいたいのは分かるのだが、欲張りすぎてどこを見ていいのか分からないというデザインのブログが多い。

 ブログに限らずいわゆるニュースサイトだったりまとめブログだったり、全般的に言えることなのだが視覚的に考えてユーザーフレンドリーではないと思う。もちろん入れるだけ入れて、無意識に広告を踏ませるという作戦もあるのだろうけど。

 性格がでるというのは、そういうデザインに疑問を感じないという感性の問題。部屋が散らかっていても、住んでいる本人にとってはどこに何があるかは把握できているものだが、お客さんにとってはどうだろう。足の踏み場もないような部屋でどこに何があるのかなんて分かるわけがない。

 そういった散らかったデザインのサイトがお金になるんだったらまあそれでいいのかもしれないけど、散らかったデザインを気にしない感性だと思われたり、お金に目がくらんでいるって思われてもしょうがないというちょっとしたリスクは忘れないでおきたいところ。

ゴミ分別の異常な世界―リサイクル社会の幻想 (幻冬舎新書)

ゴミ分別の異常な世界―リサイクル社会の幻想 (幻冬舎新書)