如何ともしがたい何か

便所の壁に殴り書き

馬鹿なユーチューバー(笑)どもはさっさと淘汰されてほしい

 なにかユーチューバー(笑)とやらがまた問題を起こしているらしい。いちいち紹介するのも反吐が出るのでリンク等々は張らないでおく。

 前にも書いたことだが、壊滅的なまでに才能は無いクセに注目だけは浴びたい、そしてお金が欲しいというようなクズが、こういったネット上での活動をすると最終的には100パーセントの確率で過激な「触法行為」に行き着く。

 きちんと分をわきまえているユーチューバー(笑)は触法行為なんてするわけがない。触法というのは触法というくらいなのだから、人間としてやってはいけないことなのだ。まあユーチューバーが人間ならば、という仮定であるが。そして同時に、触法行為をすればアクセスが稼げることは本能的に知っているはずなのだ。なぜなら、他の人が決してやらないことだからだ。他の人がやらないから、やれば注目を浴びる。だけど、やらない。なぜなら違法・触法だからだ。

 だけど、壊滅的に馬鹿な奴が考えるプロセスは違う。誰もやってないのだから、やる。そして、注目を浴びる。そこにはそれが違法であるか、触法の可能性があるか、社会的モラルとしてどうなのか、という視点はない。なぜならば、そいつらは馬鹿だからだ。馬鹿にモラルだとか法律だとかが通じるわけがない。なぜなら馬鹿ばかだからだ。人間として生きていない。ゴキブリと同等だからだ。彼らのような単細胞生物には、注目度だけが真実なのだ。

 ま、どんどんユーチューバー(笑)で逮捕者とか事故死者が出ればいいと思う。そうやって世の中はちょうどいい位置に修正されていくのだ。できれば関係ない人を巻き添えにしないで、自損で破滅すればいいと思う。ま、馬鹿にそういうこと言ってもムダだろうけどね。で、馬鹿が破滅していく一方でGoogleだけがカネを巻き上げていくというね、