如何ともしがたい何か

便所の壁に殴り書き

声のデカい世間知らずが社会をだめにするという話

 意識高い系の連中が言う「○○という仕事は要らない」「○○という習慣はいらない」といった言説は、言うまでもなく信じる必要は無いし、そもそも耳を貸す必要もない。

 そういった連中は、ここでいう○○が無くても問題が無い、極めて狭い世界でしか生きていないからだ。つまり、視野が狭い世間知らずということ。また、間接的に○○の恩恵を受けているのにもかかわらず、直接接するものやことしか見えない近視眼的なので、○○は要らないと合点して調子に乗ったことを言う。思慮の足りない世間知らずということ。

 こういう世間知らずほど声が大きくて、それを信じる小物も多いので、世の中は面倒くさい。

 世の中の仕組みが単純でないことは、自分の周囲をちょっと見回すだけでも分かるはずだ。いかに自分の生活が、見えない多くの人たちの奮闘によってもたらされているか。ちゃんとした社会人ならば、ちょっと考えれば分かるはず。

 しかし、世の中、そういうところまで考えが及ばないくせして自分は特別優れていると勘違いしてしまう連中が多くて本当にあきれる。人知れず、褒められることなく、ただ目の前の仕事をこなしていく無名の人たちこそが社会を支えているのであって、声のデカい連中はそれにフリーライドしているだけなのだ。フリーライダーばかりの社会になったら、一番損害をこうむるのはそいつらフリーライダーの連中なのだが、まあそこまで理解できる頭の持ち主ではなかろう。

凡人がプライベートを切り売りしてコンテンツつくるのはやめた方がいいと思う

 特にユーチューブとかで顕著なんだけど、明らかに普段から何も学ばずダラダラと生きている人に限って、自分のプライベートを切り売りしてコンテンツにしたてて、何とか注目を集めようと四苦八苦している姿を見かける。努力はまあまあ認めるとして、痛々しいとしか言いようがない。

 元々ある分野に詳しかったり、長年活動していたり、キャリアや経験の蓄積がある人は、プライベートを切り売りすることでコンテンツをつくることができる。それは経験や知識の伝達や伝授であって、いわばきちんと「先生」になれる。だから、そういった人の文章や動画といったコンテンツは見るに値するし、何よりためになる。

 問題は小銭稼ぎで参入する無知で無教養な連中である。蓄積がない上に、そんな生活するくらいだからセンスもない。クズが金切り声を張り上げて、どっかで見たことあるようなお遊戯している姿は痛々しい。おそらく個性のように自覚しているであろう経験談や知識(っぽいもの)も、極めて凡庸。凡庸であればまだいい、ただただ幼稚な会話を聞かされても、下手くそな文章を読まされても不快でしかない。

 他人様になるほどとかへぇーと思わせるような経験をしていない人間ほど、自意識だけは高くて承認欲求が高い。だから、動画だったら無理に声や演技で注目を寄せようとするが、内容が薄すぎる。自分の体験談やらなんやらを話すが、凡人の話を聞いて楽しいか。だから、凡人はさらに無理しようとして、下らない日常を公衆にさらけ出す。さらに注目が集まらなければ、何か目を引くようなことをしたがる。バカが工夫しようとするとロクなことはない。他の人がやらないことをやろうと「工夫」してしまう。だいたいにおいて、それは他の人がやらないこと、それはすなわち触法行為だったり、迷惑行為だったりするのだが、バカは誰もやってないから注目されると合点して、平気で触法行為や迷惑行為に手を出してしまうわけだ。迷惑系ユーチューバーとやらがなぜ虫のように発生するかはこの理屈でだいたい説明できると考えている。

 動画や文章が面白くないのは、動画や文章そのものが面白くないのではなく、お前の人生が面白くない代物だということの証左でしかない。少しでも自分の人生を磨く努力をすればいいし、何だったらそれを動画や文章で見せればいいじゃないか。その成長の姿は立派なコンテンツになるよ。

 おれは見ないけど。

そんなクソみたいなプライド捨てちまえよ

 そういえば、日本でアメリカ大統領選挙の不正を訴えていた人たちはどこへ言ってしまったのだろう。意見の多様化はいいことだし、言論の自由は享受していいとは思うのだけど、まあ何というか自分の信じたいことを信じ続けるためには、でっちあげてでもうその情報を持ってこないといけないというのはなんともさみしい話。その後ろにあるのは、自分は正しいことを言っている、考えているという何の根拠のないプライドでしかない。そのプライドを保てないと自我を維持できないから、ニセ情報をでっち上げて嘘だと分かっていても自分で信じないと自分の自我が壊れてしまう。嗚呼、生存への悲しいもがきでしかない。そうすることでしか自我を保てないプライド。

 この件に限らずだが、自分のちっぽけなプライドに固執する人って本当に多い。そのプライドは本当に維持し続けるに値するプライドなのか。自問自答すべき人は多いだろう。

プライドが高くて迷惑な人

プライドが高くて迷惑な人