如何ともしがたい何か

便所の壁に殴り書き

おっさん作の「新社会人の君たちへ」警報発令中

 もうすぐ4月1日。新しい年度が始まる。特に新社会人として新しい世界へと歩き始める学生諸君は、希望と不安が入り組む複雑な心境にあることであろう。

 そんな君たちに対して、巷のおっさんたちは現実社会だけでなくネットでもお説教を始めるのだ。だいたいこの季節になると、SNSやブログで「新社会人の君たちへ」的な題名を付けて、酒場でやれよとしか言いようがない説教をオブラードに包んだ形でまとめた記事を書いてぶつけてくるおっさんが散見される。リクルートスーツで出社する姿を見るとどうのこうのという書き出しで始まるアレだ。いかにも自分は新社会人の若者たちへの理解が深いふり、いかにも応援をしているみたいなふりをして、もっともらしい記事を書いて悦に入っている姿を見ると頭痛がしてくる。才能も思慮もないくせに、伊集院静気取りもたいがいにしろと。

 若い新社会人諸君はぜひ、こういうおっさんたちの記事を無視してほしい。ネットの世界でまで、何の取り柄もないおっさんたちの相手をする必要はないし、調子に乗せるとろくなこともない。どうせこういう記事に「いいね」つけたりブックマークしたりするのは、同類のおっさんたちだ。同類で集まって自慰にふけっているだけなのだ。ぜひ無視してほしい。かわいそうな人種なのだ。そっとしておいてあげよう。

 だいたいだ、こういうたぐいの記事は、ただただ君たちよりも上位に立ちたいという醜い感情の亜種だと思ってかまわない。自分たちは経験豊富だからそこからアドバイスしてるんだよという善意に見えるが、その根底にあるのはただの説教根性でしかない。そもそもそんな記事を書こうとおもうこと自体が相当イタい。お前は何様なんだよと思わないか? こういう記事を書いて悦には入ることでしか自信の存在価値が見つからないのだ。そっとしておいてあげようではないか。

 内容も内容で、酒場の説教でしかないようなものばかりだ。どうせそんな奴らの経験なんて、会社の中だけの小さい世界で完結しているちっぽけなものだ。しかし、彼らはそのちっぽけな世界観を披瀝することで悦に入ってるのだ。残念でしかたない。そんな記事を読む時間があれば、古典と言われるような本を読んだり、映画を観たりしたほうがよっぽど人生の糧になるというものだ。

休日のおっさんベアー 大

休日のおっさんベアー 大

過激なことでしか勝負できないバカと普通なことでも勝負できる人の違い

 なんか渋谷で自称ユーチューバー(笑)が数人、撮影をしていたらわいせつな行為だとして警察に捕まったとかなんとか。白い粉を落として警官をからかったバカが逮捕された事件の時もそうだったが、そもそも才能の無いやつが注目されようと努力すると過激なことや他人に迷惑をかけることしかできない、やらない。触法ネタでしか勝負するしかないほど、そもそもの能力が低すぎるわけだ。能力が低いから、まともなクリエイターが避ける触法ネタでしかやっていけない。

 下ネタやエロネタ、触法ネタでしか注目を集めることができないというのは、クリエイターとして失格だということを知っておかないといけない。

 きちんと才能があるクリエイターは、他人と同じようなことをしていながら、他人と違う何かを引き出して表現する能力がある。だからこそ注目される。しかし、その本質的な部分が分からないバカ、というか分からないからこそバカなのだが、そいつらは同じようなことをしてもその他大勢に埋没してしまう。なぜなら同じようなことをしても、何かきらりと光る違うところを引き出す力がないからだ。要するに才能がない。他の人と同じがそれ未満のことしかできない。でもできると信じている。間違ったプライドだ。まあユーチューバー(笑)の世界にいくということは、ただのカネ目当てだろうが。

 まあそうなると、そういうバカは、普通の人がやらないことで注目を浴びようと画策するのだ。かつての雑誌や新聞、テレビやラジオと同じように、インターネットが主導権を取る時代になったからといって、所詮は数字がものを言うという世界の形は変わっていない。だから、どんどんと物作りが過激で頭の悪い方向に進んでいく。そういうカテゴリーは誰もやらないから、ブルーオーシャン(笑)ってやつだ。そういうバカは未開の地だと思って喜んでエログロ触法ネタでものをつくる。そこが立ち入り禁止の地帯であるにもかかわらずである。で、警察沙汰になるわけだ。

 ユーチューバー(笑)に限らずだが、何かものをつくるという行為は本当に地道な試行錯誤の連続だ。己を信じてそれをずっと続けてきた人たちだけが、人々に注目されて喜ばれるコンテンツをつくることができる。端から見ると簡単そうに見えるが、決してそんなことはない。しかし、バカは「こんなのおれでもできる」と簡単に参入してきて、箸にも棒にもかからないという現実に向き合うことになるが、バカであるがゆえにそれが理解できない。結果的に警察沙汰になるような、「ちゃんとした人はやらないネタ」でしかコンテンツをつくれない。

 本当にバカは悲しい。バカは罪である。涙が出てくる。

 しかしあれだ、こういうバカな連中に「好きなことで生きていく」という幻想を持たせて、カネだけかすめ取るGoogleの罪は重い。

子は親の背を見て育つからちゃんとした背中を見せろよな、という話

 まったく予定は無いが、もし自分に子どもができたらどういう教育をしていけばいいのかとぼんやりと考える時がある。

 まあまあ子どもどころか結婚ですらまったくめどがつかない状況で何を妄言を吐いているのかと。というのも、同年代は普通に結婚しているし普通に2人くらい子どもはいるしと、明らかに社会的に立ち後れている焦りから来ている妄言だが、それはそれ。町中で明らかに同年代の夫婦が小学生くらいの子どもを連れて幸せそうに歩いていると、思わず「うわーっ」と声を上げながら走ってその場を逃げたくなる衝動にかられる。もちろん見なかったことにしてその場をさっさと離れる。涙を拭きながら。

 それはさておき、昔の洗剤のCMに出てくるような理想的な親子連れだったらいいんだが、明らかに困った感じの親子連れもよく見られるようになってきた。お前らよく子どもをもうける気になれたな、お前がまだ子どもだろうというような親だ。きちんと親になるような人格などもっておらず、ただただ獣のようにもよおした劣情の果てに交尾をした結果、子どもができちゃったんだろとしか思えないタイプの親だ。

 思わず悲しくなる光景がある。

 子連れの父親がコンビニやファーストフードの店頭にて、店員さんにからんでいる場面に出くわすことがなぜか多い。何が原因かは知らぬが、「わかってんのかよてめー」「どーすんだよコラ」などという明らかな暴言をこれ見よがしに店員さんにぶつける父親。何があったかしらないが、店員さんが平身低頭、平謝り。だいたいはスルーするが、たまに一部始終を目撃してしまい、明らかにこじつけで因縁つけてるとしか思えない場合もある。ただただ反撃をしてこない他人にマウントポジション取って優越感に浸りたい、チンカス特有の示威行動である。

 そして、すぐそのバカ親の隣にはその様子を見る子どもが立っている。

 印象的なのは子どもの表情も、別にいつもの風景のように変化はない。普通にしてる。そう。この家族にとってはこれが普通の光景なのだ。これが普通の生活なのだ。ほかに人がたくさんいるところで店員さんに暴言を吐くのが、この家族の常識なのだ。つまらんことで罵倒をあびせてマウントポジションをとるという弱い者いじめをするのが、この家族の日常なのだ。というわけで、この子どもは店員さんにはこういう暴言を吐いていい、これが普通だということが教え込まれてしまうわけだ。弱い者いじめを親から直々に教わっているというわけだ。何という野生動物な世界なのだろう。そして、そんな親の姿を見せつけられる子どもがかわいそうすぎる。

 想像にかたくない。この子どもは将来、同じように弱い者いじめを何のためらいもなくする。そして、また子どもができたら戒めるという気配すらなく、同じような行動を子どもの前で見せることだろう。

 クズの再生産システムの完成である。見事な系である。

 教育論とか子育て論とか、いろいろあるのだろうが、自分が感じるのはぜんぶ「親次第」ということだろう。広くいうと「環境次第」という当たり前のことなんだが、やっぱりそれが分かってないクズ親がたくさんいるのだなあというのは強く感じる。いい学校に通わせるわけでもない。何か習い事やスポーツをさせるわけでもない。親が親らしい背中を見せる、ひいてはきちんと人間的、社会的な姿を見せてあげるという環境づくりが基本なんだろう。子どもは悪くない。

 きちんとした親の背中を見せられない親は、児童虐待でしょっぴかれてもしょうがないと思うよ、ほんとに。