如何ともしがたい何か

便所の壁に殴り書き

YouTubeの広告動画は果たして効果があるのだろうか

 YouTube見てるとたまに冒頭にちょっとだけCM動画を強制的に見せられることがある。世界一の広告代理店っぽい会社であるGoogleなのでまあ仕方ないんだけど、これって果たしてみんな見ているのだろうか。

 テレビでも番組の見せ場直前にCMを打つとかそういう手法があって、それはそれは視聴者に嫌われているわけだけども、このYouTubeのCM動画も同じような印象を利用者に与えていないだろうかと思う。

 もちろんYouTubeは無料で提供されているサービスであり、その対価は誰かがどこかで何らかの形でGoogle側、あるいはアップされている映像の作者に払わなければならない。

 しかし、その手法が冒頭に無理やりCM動画をねじ込むという形である点が、このような広告手法の限界があるのかもしれないなあとぼんやり考えている。

 テレビCMもどれだけ効果があるのか測定すれば、実のところ成果は分からない。このあたりは新聞や雑誌もそうだが、鱒4媒体のシェアなどなどを勘案すると費用対効果からすると疑問符がつく。

 ではネットはどうなのかというと、天下のYouTubeがテレビCMと同じようなCM動画ねじ込み手法を採用したあたりいろいろと手詰まり感があるように思ってならない。

 だからどうすればいいのかと聞かれればもちろんわかんないし、中間搾取でお馴染みの高給取りの広告代理店の人たちが考えればいい話なのでもうどうでもいいや。

のぼり旗 絶品  かに汁 (W600×H1800)

のぼり旗 絶品  かに汁 (W600×H1800)