如何ともしがたい何か

便所の壁に殴り書き

ネットでニュースが見られるのは「釜ゆでカエル」状態

 ネットのポータルサイトとかでニュースを手軽に読めるようになって長い。もうすでに当たり前になっている。

 それだけにいまさら紙の新聞を読んだりテレビのニュースを見たりという気にならないのもよくわかる。

 しかし、ずっとそんな無料のニュースだけに頼っていたらどうなるのかとふと考える。

 確かにポータルサイトにあるニュースは新聞社や通信社、放送局からきちんと購入している素材なのでいいかもしれない。しかし、結局はポータルサイトの客寄せにしか使われていない状態だ。

 それだけに、みんなそろってネット上でニュースを摂取するようになるとどうなるか。結局は供給元の経営を悪くさせるだけになる。

 ネット上の言説では「自業自得だ」などと言われて終わりだろう。しかし、このような状態が続いてニュースの供給元である会社の経営が悪くなれば、最終的にはネット上にもきちんとしたニュースが提供されなくなる。

 そんな時にわれわれはどうするべきか。2ちゃんねるまとめだって、元は従来のメディアの素材を勝手に持ってきて使っている。「市民メディア」や「オルタナティブメディア」だって今はどうなっているだろうか。特定のイデオロギーにそまった素材しか出していなかったり、ネット上で集めた情報だけで書かれた素材しか流していないんじゃないか。

 こんな状況で大丈夫なのだろうか。

 どうすればいいかは分からないが、現状はわりと綱渡り状態と言っていいのかもしれない。それなりにしっかりしたニュースの供給元が破綻すれば、ネット上に出回るニュースだって破綻する。

 しかし、みんなそんな状態は分からない。「釜ゆでのカエル」状態だということはきちんと把握しておいたほうがいいだろう。

ネットビジネスの終わり (Voice select)

ネットビジネスの終わり (Voice select)