如何ともしがたい何か

便所の壁に殴り書き

やっぱり器用は損だよな、という話

 最近、仕事場での仕事を器用にこなすことが得策ではないと感じるようになった。というのも、各方面から降りかかってくる仕事をこなしていると、「あいつはできるやつ」みたいな感じで無茶ぶりがどんどんと増えてくることが分かったからだ。

 どこで誰か言い出したのか知らないが、「仕事は忙しいやつにまかせろ」という言説がある。これを額面通りで受け取って、忙しいやつにどんどんと仕事を任せるバカが量産されているのだろうが、いかにもバカの所業。まあまあバカとまでは言わないが、本来ならば効率的な仕事の分配が組織全体を効率的に動かすことになるのだろうが、変な言説のせいでいびつになっている。行き着く先は、仕事ができる人の過労死であることは言うまでもない。

 効率的な仕事の配分ができなければ、その組織は壊死する。それは、仕事ができる人が過労死する、あるいはあきれて新天地を求めて退職するという事象で表面化する。そして、そこまでは仕事ができない人に仕事が降りかかる。あとは最初に戻る負のサイクルというわけだ。

 まったく、管理職というのはいったい何を管理しているのだろうか。

過労死落語を知ってますか

過労死落語を知ってますか